カードローン増額審査について迫る!限度額を引き上げる!

カードローン増額審査について迫る!限度額を引き上げる!

カードローンの増額審査って、どんなことを調べるの?増額の審査基準は?限度額を引き上げるのはどうすればいいの?など、増額審査の内容は借り手側にはほとんど知られていません。

 

当サイトは、元消費者金融社員による、カードローン増額審査の解説サイトです。増額を申込みした方が良いのか、新たな借入をした方がいいのか、様々な項目を調査したうえで決めることが非常に大事とも言えます。

 

増額では無く、新たに借りたい!と思っている人は、今人気のオリックス銀行カードローンの審査が非常におすすめです。

カードローン増額審査に影響するブラックリストの存在とは?

カードローンに申込むと、必ず審査を受けることになります。

 

業者によって融資の可否に対する判断基準や、融資額に対する設定基準が違うため、同じ金額を申込んでも通る業者と通らない業者が起こり得ます。

 

ただ、どこの業者でも絶対に融資の認められない人がいます。それは、「ブラックリスト」の掲載のある人です。

 

なお、ブラックリストという言葉は知っていても、どういうものであるかを理解している人はそれほど多くはありません。

 

ブラックリストという言葉から、ほとんどの人は「悪い情報が記載されているリスト」と思っていますが、業者がそうしたリストを作っているわけではなく、指定信用情報機関に登録されている「事故情報」の記録を俗にブラックリストと呼んでいます。

 

指定信用情報機関というのは国が指定している個人の信用情報を管理する機関のことであり、現在では日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの指定信用情報機関があります。

 

ところで、カードローンにおける「事故」を大きく分けると、「延滞」、「代位弁済」、「債務整理(自己破産など)」、「強制解約」になります。

カードローンの支払ができなくなった場合、どうなるの?多重債務者になるほど、この質問をよく聞いて来ます。

 

しかし、安心してください。カードローンの支払ができなくなっても、最高でも給料の1/4が差し押さえられるだけです(笑)

 

これはあくまで、カードローン会社が勤務先を把握している場合で、もし仮に申込みした時点での勤務先と今の勤務先が違っていて、カードローン会社が現在の勤務先を把握してなければ、差し押さえることはできません。

 

他に差し押さえられるものがあるとすれば、不動産などの資産を持っていた場合になりますが、これも持家でなければ関係ありませんよね。

 

もし仮に、持ち家でも自分名義でなければ全然OKです。親名義や配偶者名義であれば、本人の資産にはなりませんので、差し押さえることはできません。

 

では、もし持家の名義が自分が2分の1持っていた場合はどうでしょう?これは本人名義の分だけ、カードローン会社が差し押さえをすることは可能ですが、差し押さえたからと言って競売までできるわけではありません。

 

良く考えてみてください。持家の半分だけを競売して、買う人がどこにいるのでしょうか?ですから、半分だけ自分名義だったとしても、差押えは入るかもしれませんが、実際に競売までは行くことがないのです。

 

しかし、デメリットとしては、不動産登記簿謄本には差押えの会社名が出てきますので、自分の名義に対してカードローン会社から差押えが入っていることは、謄本を見ればバレてしまいます。

 

また、もし自宅を売却しようと思った時も、差押えがあると、当たり前ですが、売却はできません。一部の名義だけに差し押さえが入っても自宅を強制競売することはできませんが、売ることもできなくなるのです。

家財道具差押えは現実的に無理?

あと差押えになるものは動産執行と言って、家財道具の差し押さえもできることになっています。しかし、自宅に価値のあるものが無ければ全然OKです。もしあったとしても、隠しておけば当日執行官にバレなければ正直問題ありません。

 

家財道具差押えは、はっきり言えばカードローン会社の嫌がらせ的なことが大きいでしょう。実際に動産執行したところで、換価できるものがあるとは思っていません。そして尚且つ動産執行するにはカードローン会社が数万円のお金を払ってすることになるので、費用倒れになる可能性が高いのです。

 

しかし、なぜそこまでするのかと言えば、同居している家族からの返済を見込んだり、本人との折衝を持ちたいのがほとんどであり、家財道具を売って回収しようとなど、思っていないのが現実です。

 

不動産、動産、給料差押えともに言えるのは、債務名義という公に貸し借りがあって、滞納しているという事実がなければできないことで、これは訴訟などの裁判の判決文や和解調書によって付いてきます。

 

その為、支払を延滞してすぐに差押えられる危険性はないので、安心してください。債務名義が確定するまでに、裁判などの期間を含めれば最低でも3ヶ月程度は必要となります。

 

しかし、借りたものは返すのが筋であり、借金を返さなければ、一生ローンが組めないようにもなります。どちらが良いのかは、書かなくても分かることですよね?

 

支払不能になる前にやる手段としては、おまとめローンが最もおすすめです。おまとめローンを低金利ですれば、驚くほど毎月の支払金額が下がる場合があります。特にオリックス銀行などの銀行カードローンはおまとめローンとしての融資を多くしています。

 

支払が厳しくなってきた、早期におまとめローンができるのかできないのか、銀行カードローンへ確認してみることが返済への第一歩となるのかも知れません。

続きを読む≫ 2015/10/14 22:23:14

カードローンには消費者金融やクレジット会社のカードローン、銀行のカードローンなど多くありますが、もし増額審査を依頼した場合、最高いくらまで可能なのか知っていますか?

 

一般的に消費者金融ならば、100万円以上の限度額を借りていれば高限度額利用者とされます。これは他のカードローンでも同様で、一般的には小口のカードローンの場合、利用者は圧倒的に100万円未満が多いのです。

 

では仮に50万円の利用限度額があって、いきなり300万円まで増額の申込みをしたら通るのか?これは限りなく断られる可能性が高いでしょう。

 

ただ、銀行カードローンの場合であれば、その人の勤務先や年収などの属性によっては借りられる場合があるかもしれませんが、期待しない方が良いと思います。

 

もし50万円の限度額で増額審査を依頼するならば、最初は70万円〜100万円の限度額での増額を申込みましょう。

大きく借りるなら1社の利用にしておくこと!

最高いくらまで借りられるか?に関しては、その人の借入件数が大きく影響してきます。もし、1社だけの場合、1年以上真面目に返済してきた人ならばある程度審査は通るかもしれません。

 

しかし、2社〜3社利用している人は負債が多いこともあって、なかなかすんなりと増額を認めてはくれないでしょう。

 

1社で長年(5年以上)利用していて、返済が一度も遅れもなく、毎月最低返済金額の倍以上の支払をしていて、勤続年数、年収等の属性も良ければ50万円から一気に150万円〜200万円程度増額が可能になる可能性もあるかもしれません。

 

しかしながら、一気に借入を増やせばそれだけ返済額も一気にあがります。カードローンの金利は低くなってきていると言ってもまだまだ、高いのが現実です。

 

実際に100万円以上借りてみると分かりますが、利息は毎月13,000円程度にもなります。もし3万円入金しても、元金が減るのは17,000円だけなのです。

 

これらの意味をよく理解して増額をしないと、いつか支払困難になってしまう日が来ることでしょう。銀行カードローン審査に落ちたら、すぐに消費者金融に申込みせずに一度冷静になって本当にお金が必要なのか考えてみることが重要です。
(参考サイト:http://www.stoppdd.org/sinsaoti.html

続きを読む≫ 2015/08/11 18:08:11

カードローンの限度額が満タンになり、これ以上借りれなくなったとき、他でまた新規で借りるよりも、今借りているカードローン会社に限度額を増額してもらう方法の方が、圧倒的に審査も早く必要書類も審査にはいりません。

 

しかし、増額審査ってどのように行っているのか、そんなにすぐに限度額を上げてもらえるのか?けっこうみなさんが心配することです。

 

カードローンの増額審査は、はっきり言って、そこまで厳しくはありません!

 

なぜならば、カードローン会社も貸付残高を伸ばすために営業をしていますので、新規顧客を獲得することが一番良いことですが、既存の借りている利用者の融資残高を増やす方が手っ取り早いからです。

 

しかも、増額審査は今現在取引している人ですから、審査も新規の審査に比べれば簡単で、すぐにできることも貸付け側からすれば楽なのです。

増額の審査で重要視されているのは今までの返済状況!

増額審査で一番重要視されていることは、今までの返済の状況になります。

 

普通の人は、1回も滞納なく返済しているのが当たり前ですから、頻繁に延滞をしている人は、まず増額希望で審査をしてもらっても、落ちるでしょう。

 

そしてもう1つ重要なのは、取引期間です。1週間前に借りた人がすぐに増額審査をしてもらったところで、限度額が上がることは、ほとんどあり得ません。

 

もともと、もっと高い限度額で融資ができているならば、新規契約の時にその限度額に設定するはずですので、あなた自身の新規契約時の信用では今の限度額が上限だと思ってください。

 

しかし、これが半年程度利用していれば、信用度はもっとあがることになります。

 

毎月1回返済をしますので、半年利用していれば、約6回は入金をしていることになります。6回連続返済がきちんと行われていて、しかも最低返済額以上の支払をしていた場合、半年間の信用で限度額が上がる可能性は充分にあるのです。

 

ですから、増額をしたいのであれば、半年間はせめて真面目に返済して我慢することが大切と言えます。

増額審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのか?

増額審査に落ちてしまった場合は、仕方ないので他のカードローンへ申込みするしかありません。

 

しかし、増額を一度していることで、信用情報に申込情報が1件登録されてますので、この申込情報が5件を超えるようだと、申込ブラックという言葉があるように、どこに申込しても断られる可能性が高くなってしまうのです。

 

増額がダメだった場合、潔く違うカードローンへ申込みすることの方がリスクは低いと言えるでしょう。今は総量規制が実施されていますので、もし借入残高の合計が年収の3分の1以上の場合は消費者金融に申込しても全て断れます。

 

それぐらい負債が多い場合は、借入を諦めるか、総量規制対象外の銀行カードローンへダメ元で申込してみるしか方法はないのです。

続きを読む≫ 2015/05/06 21:11:06

「延滞」−返済期限までに借入金が返済されなかったことを言います。1回でも延滞をすれば事故になりますが、信用情報機関に事故と登録されるのは通常3ヶ月以上の延滞が続いた場合です。延滞自体は返済を済ませば無くなりますが、延滞の記録は一定期間保管されます。

 

「代位弁済」−銀行カードローンにおいて発生するものですが、債務者が返済を滞らせていたため、銀行の保証会社が債務者の代わりに代位弁済(一括返済)したことを言います。債権は銀行から保証会社に移ります。

 

「債務整理」−債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などがありますが、いずれにしても、債務の減額手続きを行うと事故情報として登録されます。

 

「強制解約」−何らかの理由によって契約が強制的に解除されることです。

以上の事故情報は指定信用情報機関に保管されるため、すべての業者が審査における申込者の信用情報の照会によって知るところとなり、申込者に対する貸出が拒否されます。

 

なお、3つの指定信用情報機関は「CRIN」というネットワークで事故情報の共有を図っているため、業界の違う業者に申込んでも無駄です。

 

ちなみに、自己情報は通常5年が過ぎると記録が消去されます。ただし、5年の起点になるのは債務が解消した時点です。従って、借入金の返済が完済しなければいつまでたっても記録は消去されません。

続きを読む≫ 2014/09/04 16:50:04