カードローン増額審査について迫る!限度額を引き上げる!

カードローン増額審査について迫る!限度額を引き上げる!

カードローンの増額審査って、どんなことを調べるの?増額の審査基準は?限度額を引き上げるのはどうすればいいの?など、増額審査の内容は借り手側にはほとんど知られていません。

 

当サイトは、元消費者金融社員による、カードローン増額審査の解説サイトです。増額を申込みした方が良いのか、新たな借入をした方がいいのか、様々な項目を調査したうえで決めることが非常に大事とも言えます。

 

増額では無く、新たに借りたい!と思っている人は、今人気のオリックス銀行カードローンの審査が非常におすすめです。

カードローン増額審査に影響するブラックリストの存在とは?

カードローンに申込むと、必ず審査を受けることになります。

 

業者によって融資の可否に対する判断基準や、融資額に対する設定基準が違うため、同じ金額を申込んでも通る業者と通らない業者が起こり得ます。

 

ただ、どこの業者でも絶対に融資の認められない人がいます。それは、「ブラックリスト」の掲載のある人です。

 

なお、ブラックリストという言葉は知っていても、どういうものであるかを理解している人はそれほど多くはありません。

 

ブラックリストという言葉から、ほとんどの人は「悪い情報が記載されているリスト」と思っていますが、業者がそうしたリストを作っているわけではなく、指定信用情報機関に登録されている「事故情報」の記録を俗にブラックリストと呼んでいます。

 

指定信用情報機関というのは国が指定している個人の信用情報を管理する機関のことであり、現在では日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの指定信用情報機関があります。

 

ところで、カードローンにおける「事故」を大きく分けると、「延滞」、「代位弁済」、「債務整理(自己破産など)」、「強制解約」になります。

「延滞」−返済期限までに借入金が返済されなかったことを言います。1回でも延滞をすれば事故になりますが、信用情報機関に事故と登録されるのは通常3ヶ月以上の延滞が続いた場合です。延滞自体は返済を済ませば無くなりますが、延滞の記録は一定期間保管されます。

 

「代位弁済」−銀行カードローンにおいて発生するものですが、債務者が返済を滞らせていたため、銀行の保証会社が債務者の代わりに代位弁済(一括返済)したことを言います。債権は銀行から保証会社に移ります。

 

「債務整理」−債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などがありますが、いずれにしても、債務の減額手続きを行うと事故情報として登録されます。

 

「強制解約」−何らかの理由によって契約が強制的に解除されることです。

以上の事故情報は指定信用情報機関に保管されるため、すべての業者が審査における申込者の信用情報の照会によって知るところとなり、申込者に対する貸出が拒否されます。

 

なお、3つの指定信用情報機関は「CRIN」というネットワークで事故情報の共有を図っているため、業界の違う業者に申込んでも無駄です。

 

ちなみに、自己情報は通常5年が過ぎると記録が消去されます。ただし、5年の起点になるのは債務が解消した時点です。従って、借入金の返済が完済しなければいつまでたっても記録は消去されません。(出典:消費者金融即日融資ランキング【体験談付き】

続きを読む≫ 2014/09/04 16:50:04