カードローン増額審査について迫る!限度額を引き上げる!

カードローンの増額審査って、どんなことを調べるの?増額の審査基準は?限度額を引き上げるのはどうすればいいの?など、増額審査の内容は借り手側にはほとんど知られていません。

 

当サイトは、元消費者金融社員による、カードローン増額審査の解説サイトです。増額を申込みした方が良いのか、新たな借入をした方がいいのか、様々な項目を調査したうえで決めることが非常に大事とも言えます。

 

増額では無く、新たに借りたい!と思っている人は、今人気のオリックス銀行カードローンの審査が非常におすすめです。

カードローン増額審査に影響するブラックリストの存在とは?

カードローンに申込むと、必ず審査を受けることになります。

 

業者によって融資の可否に対する判断基準や、融資額に対する設定基準が違うため、同じ金額を申込んでも通る業者と通らない業者が起こり得ます。

 

ただ、どこの業者でも絶対に融資の認められない人がいます。それは、「ブラックリスト」の掲載のある人です。

 

なお、ブラックリストという言葉は知っていても、どういうものであるかを理解している人はそれほど多くはありません。

 

ブラックリストという言葉から、ほとんどの人は「悪い情報が記載されているリスト」と思っていますが、業者がそうしたリストを作っているわけではなく、指定信用情報機関に登録されている「事故情報」の記録を俗にブラックリストと呼んでいます。

 

指定信用情報機関というのは国が指定している個人の信用情報を管理する機関のことであり、現在では日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの指定信用情報機関があります。

 

ところで、カードローンにおける「事故」を大きく分けると、「延滞」、「代位弁済」、「債務整理(自己破産など)」、「強制解約」になります。

 

ネット専業銀行の特徴はスペックの多様性なのか?

近年は銀行においてもカードローンの展開が一般化していますが、同じ銀行カードローンでも都市銀行とネット専業銀行では特徴が違います。

 

都市銀行のカードローンは各行のスペックに似ている点が多いのに対し、ネット専業銀行のスペックは各々バラバラになっているのが特徴でもあります。

 

例えば、金利の点ではイオン銀行、楽天銀行、セブン銀行は都市銀行に近いものがあり、オリックス銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行は消費者金融と同等になっています。

 

そして、住信SBIネット銀行と大和ネクスト銀行は都市銀行よりも数段金利が低く、特に、住信SBIネット銀行はカードローンの中で最も低い金利を誇っています。

 

なお、各ネット専業銀行の機能や対応は以下のようになっています。

当該銀行の口座を保有していなくてもカードローンを利用できる。

オリックス銀行、楽天銀行、じぶん銀行

 

他行の口座への振込キャッシングができる

イオン銀行、オリックス銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行

 

返済において、他行の口座からの引き落としに対応している(他銀行は自行の口座からの引き落としのみ)

オリックス銀行、楽天銀行

 

返済方法に口座引き落としとATMからの入金の2種類がある。(他銀行は口座引き落としのみ)

オリックス銀行、じぶん銀行

 

コンビニATMの手数料が無料

オリックス銀行、楽天銀行
住信SBIネット銀行はセブンイレブンのみが無料で、他コンビニは5回まで無料。セブン銀行と大和ネクスト銀行は預金口座からの引き出しだけなので、コンビニATMは利用できません。

 

無利息期間がある

ジャパンネット銀行(30日)

 

おまとめ専用ローンがある

イオン銀行
ただし、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行のカードローンはおまとめローンとしても対応可になっています。

 

自動融資機能(公共料金などの口座引き落とし時に預金が足りないと、カードローンから自動的に借り入れられる機能)がある

イオン銀行、ジャパンネット銀行

 

なお、返済方式に関しては、ほとんどの銀行が元利定額残高スライド方式を採用しており、楽天銀行だけが元利込一定額方式を加えて2方式になっています。なお、セブン銀行は利用限度額が少額のみになっているため、元利込一定額方式を採り入れています。

 

ちなみに、ネット専業銀行だけに申込方法は全銀行ともインターネットのみとなっています。

地方銀行のカードローンの中には特定の職業に従事している人のためのものがあります。最も多いのが「公務員」用のカードローンで以下のものがあります。なお、公務員は最も安定した職業であるため、回収リスクが小さいことから、金利の非常に低いのが特徴です。広島銀行「公務員カードローン」広島銀行の総合口座にセットさ...

兵庫県にある一番大きな信用金庫が尼崎信用金庫であり、預金規模としては全国で6番目ですが、利益面では京都中央信用金庫に次いで全国で2位です。兵庫県が地元だけに阪神タイガースの成績によって金利の変わる独特な定期預金(タイガース定期預金)を扱っています。その尼崎信用金庫には「ウル虎カードローン」と「あまし...

兵庫県には但馬銀行と言う地方銀行がありますが、第二地銀でありながら但馬銀行よりはるかに大きい銀行が三井住友銀行の子会社になっているみなと銀行であり、資産規模でも売上でも但馬銀行の数倍もあります。そして、みなと銀行は「Qポートネオ」と言うカードローンを販売しています。Qポートネオの利用条件には口座の保...

京都銀行は京都府にあった4つの銀行が合併し、福知山市に丹和銀行(旧名)として設立されました。設立が1941年なので、銀行の中では歴史が浅いと言えます。そして、1951年に京都銀行に改称され、本店も京都市に移されました。現在では近畿地方で最も大きな地方銀行となっています。京都銀行は「W(ワイド)」とい...

カードローンを利用する目的は人によって様々ですが、初めてカードローンを利用する時というのはお金が足りない緊急事態の時が多くなっています。従って、カードローンに求めることは「即日融資」以外の何物でもありません。即日融資の可能な方法は3つあり、店頭窓口、自動契約機、インターネットでの申込です。店頭窓口で...

カードローンの支払ができなくなった場合、どうなるの?多重債務者になるほど、この質問をよく聞いて来ます。しかし、安心してください。カードローンの支払ができなくなっても、最高でも給料の1/4が差し押さえられるだけです(笑)これはあくまで、カードローン会社が勤務先を把握している場合で、もし仮に申込みした時...

カードローンには消費者金融やクレジット会社のカードローン、銀行のカードローンなど多くありますが、もし増額審査を依頼した場合、最高いくらまで可能なのか知っていますか?一般的に消費者金融ならば、100万円以上の限度額を借りていれば高限度額利用者とされます。これは他のカードローンでも同様で、一般的には小口...

カードローンの限度額が満タンになり、これ以上借りれなくなったとき、他でまた新規で借りるよりも、今借りているカードローン会社に限度額を増額してもらう方法の方が、圧倒的に審査も早く必要書類も審査にはいりません。しかし、増額審査ってどのように行っているのか、そんなにすぐに限度額を上げてもらえるのか?けっこ...

「延滞」−返済期限までに借入金が返済されなかったことを言います。1回でも延滞をすれば事故になりますが、信用情報機関に事故と登録されるのは通常3ヶ月以上の延滞が続いた場合です。延滞自体は返済を済ませば無くなりますが、延滞の記録は一定期間保管されます。「代位弁済」−銀行カードローンにおいて発生するもので...