信用情報の事故情報の種類と説明

信用情報の事故情報の種類と説明

「延滞」−返済期限までに借入金が返済されなかったことを言います。1回でも延滞をすれば事故になりますが、信用情報機関に事故と登録されるのは通常3ヶ月以上の延滞が続いた場合です。延滞自体は返済を済ませば無くなりますが、延滞の記録は一定期間保管されます。

 

「代位弁済」−銀行カードローンにおいて発生するものですが、債務者が返済を滞らせていたため、銀行の保証会社が債務者の代わりに代位弁済(一括返済)したことを言います。債権は銀行から保証会社に移ります。

 

「債務整理」−債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などがありますが、いずれにしても、債務の減額手続きを行うと事故情報として登録されます。

 

「強制解約」−何らかの理由によって契約が強制的に解除されることです。

以上の事故情報は指定信用情報機関に保管されるため、すべての業者が審査における申込者の信用情報の照会によって知るところとなり、申込者に対する貸出が拒否されます。

 

なお、3つの指定信用情報機関は「CRIN」というネットワークで事故情報の共有を図っているため、業界の違う業者に申込んでも無駄です。

 

ちなみに、自己情報は通常5年が過ぎると記録が消去されます。ただし、5年の起点になるのは債務が解消した時点です。従って、借入金の返済が完済しなければいつまでたっても記録は消去されません。