みなと銀行カードローン【Qポートネオ】はどう?

地銀のみなと銀行カードローンのスペックは?

みなと銀行カードローンキャプチャ

兵庫県には但馬銀行と言う地方銀行がありますが、第二地銀でありながら但馬銀行よりはるかに大きい銀行が三井住友銀行の子会社になっているみなと銀行であり、資産規模でも売上でも但馬銀行の数倍もあります。そして、みなと銀行は「Qポートネオ」と言うカードローンを販売しています。

 

Qポートネオの利用条件には口座の保有が入っていないため、利用するためだけに口座を新しく開設する必要がありません。また、地方銀行では常識となっている自行の営業エリア内での在住や就業が、みなと銀行では利用条件に入っていません。当然、安定収入があれば、誰でも申し込めます。

 

貸出限度額は800万円、金利は4.5〜14.0%で、ほとんど都市銀行に負けていません。

全国対応で尚且つ、メガバンクよりも低金利!?

金利の詳細は利用限度額が100万円以下14.0%、100万円超200万円以下10.0%、200万円超300万円以下8.0%などとなっており、親会社である三井住友銀行のカードローンより金利が低くなっています。

 

申込はホームページ、電話、FAX、郵送のどれからでもでき、電話からの申込に対しては20時まで受け付けています。

 

さらに、郵送以外で申込んだ場合は基本的に当日中に審査結果の連絡が来ることや、郵送で契約するため、来店する必要が無いというメリットがあります。

 

ホームページから申込む場合は「簡易申込」と「通常申込」のボタンが別になっており、簡易申込の場合は入力項目が氏名や生年月日、電話番号程度しかなく、後はオペレーターから申込内容の確認の電話が入った時に必要事項を口頭で伝えます。

 

一方、通常申込では住所や家族構成、ローンの有無、勤務先の住所や電話番号、年収、就業形態、借入状況など、審査に必要な項目をすべて入力してから送信します。当日に審査結果の連絡があった後、契約書類が郵送されてくるので、本人確認書類を添付して返送すると、後日カードが届きます。

 

借入はATMから行いますが、みなと銀行の他、ゆうちょ銀行やイオン銀行などの提携金融機関、また、コンビニのセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。

 

約定返済も上記ATMから行います。みなと銀行の口座からの引き落としは行っていません。なお、返済期間は前月の25日から当月の7日までです。従って、24日以前に返済すると当月分の入金にならずに任意返済として処理されるため、改めて25日以降に当月分を返済しなければなりません。

 

約定返済額は借入残高が50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超200万円以下で3万円などとなっています。

 

みなと銀行はあまり名の知れていない銀行ですが、地銀では珍しく全国対応になっている、非常に貴重なカードローンと言っても良いでしょう。自行営業エリア外でも審査をしていることから、カードローン年収については、より一層厳しく見られるでしょう。